カテゴリ
Information
Profile
Live Info
Discography
Poem
Diary
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
e0039923_22472392.jpg



さっきいた女(ひと)が、次ぎ見たときにはもういない
リトルネロ

どう見切りをつけたんだい?
今この一瞬に
 

トイレまでのランウェイ
私と同じ 安バック連盟が横切る


前を見ず、誰かの自転車の後ろに乗って
ずっと木々の葉脈を見上げていたいのに
一分一秒歳くってるのに

緑のストローの指す方
ピンク帯エッセイの生モノが遍在し
悩む、学ぶ、くっちゃべる


ふと消える


スコールの特急が走り去る
深夜のホーム
遅れた風を受けたら

白熱灯→蛍光灯→白熱灯を繰返す
リトルネロ


架空のおままごとで
また明日
[PR]
# by elanvitalyuki | 2008-08-09 23:13 | Poem
e0039923_21572478.jpg



もんやりと下りてくる熱い空気をうけながら
あの白黒ハッキリした陰影を作るマッチョな青空に向かって上ってゆく気が
沸かないのです

本を読みながら、何本も見送ります
ベンチに座って・・・
ありえたかもしれない可能性やタイミングをね

同等に暗い隙間に、匿名的駅の始点と終点を
行ってるのか 帰ってるのか
その先は その前は

あそこが試験会場となる度に
建築家や弁護士を目指す人と間違えられながら
特別なここ一番でない日常に
駅から歩きます

500のペットボトルがぬるくなってしまうくらいの忍耐力しかないのですから・・・
周囲にすぐ順応して

左から切る風と背後で右から切る風の中で
信じてしまった私にビアードパパを
[PR]
# by elanvitalyuki | 2008-07-28 22:06 | Poem

e0039923_3195566.jpg


クレッシェンドのアメリカラブソング
お腹一杯のDメロ
差のないイコライザの日常で
「圧倒的に」
「抜きん出て」を仮想して
心地よい喉の振動は
誰もいない響く場所で


点数倍になる秋の祭典
何も残らないその時間
ケーブルもテレビも行きつけのサイトも冷蔵庫も
全て気に入らないその好機
乾燥した目と画面に残る光の残り香
静寂に立ち向かおうと

若者奮い立たせるNHK
ただただカッコいい彼らを横目に
ユニクロパジャマ

こうなってることが良い状態
あそこにむかっているのが認められる
分かりもしないのに急き立てられる

巻き返しを図ろうとした
次の日の今日が

無かったことにの一日が
終わる
[PR]
# by elanvitalyuki | 2006-10-08 03:29 | Poem
e0039923_17495961.jpg


希望がないとか、書いていたのですが
以外に、次の日に希望を感じたりするものです。
2/27―3/5までワークショプに参加していて
一日目にして、講師の山崎広太さんに救われたのでした。

よくよく考えてみると
結果的に、最近ワークショップやセミナーにはまっている自分がいました。
様々な人と出会い、普段は単なる肩書きでしか把握しない他人と
短期間で相手の立場にたちながら相互理解が深まるワークショップは、
家庭・会社・国などと個の関係性が疲弊している今、
コミュニケーションの分野の逃走線の一つなのかもしれません。

イッセーさんのワークショップの時も
単に写真の現像のアルバイトされてる方とお客として出会ったことがあったり
図書館で本を貸し出してもらう関係があったり
大した交流もその時はないのですが、思っても無い人とワークショップで一緒にやると
各個人の情報量が格段に増え、その人だけでなくその職種の人々に対しても、
それぞれの境遇があることを思いやれたり、愛したりできるものです。

e0039923_17293155.jpg
さて、今回は
国内外で活躍中の振付家・ダンサー、山崎広太氏を迎え、
ワークショップと成果発表公演を行うというもので、
「ダンス」はホールの中だけの上演に留まらず、
公園や路上などの屋外をはじめ、室内、空き店舗など、
舞台上でスポットライトを浴びて上演されるダンスとは違い、
自然光が降り注ぐ街の喧噪の中で繰り広げられる、
その場所その場所で成り立つ、
「サイトスペシフィック」なダンス作品を、山崎広太と共にワークショップを通して創り、
実際に様々な場所へ出向いて公演を行うものでした。

コンテンポラリーダンス初体験の私とnoeで行ってきました。
今回特に感じたのは、山崎さんから教えていただいたダンスは
とてもアファオーダンスの理論に近いということです。
その場にどう自分が存在しているのか、空間を感じながら、即興で踊る
ということは普通のダンスのあり方の真逆で
主体が消えて、場と自分が融解する瞬間があるように思いました。
お風呂上りに自分の熱が外温と混じっていく時にも似ています。

初体験なのに、私たちの創作楽器も使いたいという主張を受け入れてくださり
リバレインのオープニング、ギャラリー、神社、市役所と
たくさん出番を与えてくださった山崎さんにとても感謝しています。

山崎さんのキャラクターや、意識の流れ自体に学ぶことが多く
普通にしている時も何か踊りの一部であるかのように
佇んでいらっしゃるのは素敵でした。

来年も福岡でワークショップをしにきてくださることを
noeと願っています。

Photo by noe&YUKI
[PR]
# by elanvitalyuki | 2006-03-08 17:00 | Diary

大阪に行ってきました。
たこ焼きを何度も食べてしまいました。
たこ焼きをひっくり返す手も
焼きそばを野菜とまぜる手も
無駄がなく、ドゥルーズの「なる」や「~機械」を彷彿とさせます。

気温は1度。
手袋を忘れたことを後悔しましたが
カイロに助けられました。
「携帯ぬくもり機」は、モバイルです。

e0039923_03668.jpg


朝の誰もいないビジネス街は朝の光を浴びて
元気をくれる場所でした。










e0039923_0373244.jpg
イーマというデパートの地下にあったカフェは
仕事をする外人と語り合う恋人がそれぞれ
朝と夜をミックスさせていて
街の中でそれぞれの場所を獲得していることは
とてもアートに感じました。

e0039923_037989.jpg










近畿大学に続く古い商店街を歩いていて
置物のように私がいくら近づいても動かない
番犬君の玄関での空間が
彼なりの時間をあらわしていて
愛しいものでした。

それぞれが、ちゃかりと、ひっそりと、まったりと
お気に入りの場所が時間と共に生まれては消えています。
[PR]
# by elanvitalyuki | 2006-01-19 00:57 | Diary
e0039923_031975.jpg

[PR]
# by elanvitalyuki | 2006-01-19 00:31 | Diary
e0039923_2473729.jpg



               福岡大丸パサージュ広場

                   12/23(祝)
                     
                   18:30~

                 詩の朗読と舞踏など
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-12-11 02:49 | Live Info
e0039923_4453661.jpg


久し振りの更新です。
いくつか詩を書いています。
「南風」は夏に書いたもので
「抽象画のフレーム」は北海道からの帰りの便で
「巣のある木々の唄」は美瑛で
それぞれ感じたことを書いてみました。


しっかり旅程を組んで
黎明や夕暮れをみる時間まで考えていたのですが
まったく裏切られっぱなしでした。
狙って見れないのが逆に偶然性や神秘性を
醸し出すのかもしれません。

e0039923_5275927.jpg


帰ってきてから以外にも美しい紅葉は地元の公園や
自宅の庭木であることに気づきます。

今度はアイルランドの秋冬に出かけたいと思います。

かわいいcafeなども多く
あったかさを感じる冬の北海道おすすめです。

e0039923_5355755.jpg
e0039923_5284466.jpg

e0039923_5301818.jpg
e0039923_5362314.jpg


上段: サッポロ珈琲月寒中央店
下段: 森彦
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-11-29 05:42 | Information
e0039923_4261566.jpg














ふーほっほっ
ふーほっほっ

ほしゅっ。 ほしゅっ。
ほしゅっ。 ほしゅっ。

きりり くるる
かささ さかさ

ぴきり ぽくり
むっくり てっきり

                                            
e0039923_4263546.jpg





 




                                                          すぅー そっそっ
すぅー そっそっ

とってん。 とってん。
 
きらら つらら
ほっそり すっかり
はげあたま
                                              
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-11-29 04:14 | Poem
e0039923_4193786.jpg


                 ふいにやってきて
                 庭で遊ぶ君

                 どこかにいきそうで
                 いかない

                 穏やかな着地
                 柔らかな舞い
 
                 半無重力空間
                 飛行機雲のように
                 生成する
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-11-29 03:12 | Poem
e0039923_4144441.jpg
                     
              ジェット気流に
              はむかいながら
              追い駆ける夕日

              置いてきぼりになったとき
              天地がひっくりかえる


              宙は蒼の浸透
              もう一つの空に輝く
              住家のシリウス

              宙と空
 
              区切りのない
              グラデーション
              微分しながら
              浮遊する
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-11-29 01:26 | Poem


e0039923_0305170.jpg
クリアーケース

ドラゴンボールZのふでばこ

現代哲学の教科書
             持つ
             迷彩パンツの学生






e0039923_034661.jpg
微かに開いた指先から
放たれた
レシート
落ちた先と対角線にそっぽを向く


                                               


e0039923_1493717.jpg

PhotoShop透明柄の椅子の上で
揺られて向かう街
クリック一つで消されるかな
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-10-12 01:51 | Poem
e0039923_2263545.jpg


昨夜カフェソネスにて「VOICE COMEING」というイベントがあり
「そこに」というテーマで詩や絵本を朗読したりするものでした。
50人くらいのお客さんでソネス内はごったがえしていました。

私も本来二人でするのですが、noeが間に合わなかったので
「降り立つ身体」と「何も音がしない音」を一人で発表させていただきました。
特に「何も音がしない音」では鐘のような工事現場で拾った物と
蟲笛の創作楽器を使って朗読しました。

途中で相方のnoeがソネスに着いた頃、
「そこに いなかった人が そこに 現れた」からと声をいただき
二度目の本来版「何も音がしない音」をさせていただくことができ
興味を持ってくださったお客さん、感想をくださったお客さんなどと
出会えて二人とも充実した夜となりました。
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-10-04 22:08 | Information
よくどんなものなのか不思議に思って質問されるので
ここで写真をご紹介したいと思います。
e0039923_2245096.jpg


<上から>
お茶碗とコップ→水を入れて音階をつくります
太鼓       →照明のカバーです

<左から>
カンカン     →小太鼓みたいな音や気持ちが悪い音を出します
ピノキオサックス→サックスもどきな音が出ます
蟲笛       →頭上などで回して音を出します。鳥のさえずりにも似ています
鐘        →ヨーロッパの教会の鐘の音やアレグリアのようなイメージの音もでます
しゃらら    →風鈴のような音です
ギター    →照明のカバーなどで作った力作なのですがまだ使っていません

e0039923_225473.jpg


傘       →開いて竹の部分をたたいたり、閉じて揺らしたりします


以上のようなガラクタ・ジャンクものを使って
歌や詩の朗読、舞踏などを織り交ぜてやっています。
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-10-04 22:05 | Profile

例の赤い蝶のリーフレットは

・今泉   ガバガバヘイ(美容室)
・古門戸 グラム     (美容室)
・薬院   ソネス     (カフェ)

の以上3店舗に今置かせて頂いています。
何週間か前から置いているのですが
まだきっとある・・・かな?
見てみて下さい。
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-09-16 00:02 | Information
e0039923_1482171.jpg


「イッセー尾形とフツーの人々」というワークショップと公演を合わせた企画が
先週、そぴあ新宮という場所であっていました。
私もそれに参加していて、土日の本番公演では幕間に
ベースとフルートの方と一緒に打楽器担当で
前回芸工大での発表で使用していた創作楽器を使って
即興演奏をしました。
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-09-13 14:09 | Information


                        光あれ
                        真っ黒け
                        真っ白け
                        共同体験
                        ビックバン

                      爆発 破壊 美
                    人の恐ろしさ醸し出し
                       飛散る赤火
                       構える鼓膜
 
                        最期に華
                      帰るな 振り向け
                       間があく大玉


 
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-09-04 19:46 | Poem


e0039923_22582215.gif

福岡のいくつかのお店で
これまでの詩とプロフィールを載せたこのリーフレットと
下の「何も音がしない音」のフレームを
置かせて頂こうと思っています。
場所はまたお知らせします。
是非チェックしてみてくださいね。


e0039923_22584393.jpg


                                       photo by kazuko
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-28 23:01 | Information

e0039923_15455833.jpg



                              

                    香を焚けば
                    浮かび上がる竜の巣
                    柔らかな現象
                    現れては場に溶け馴染む
                    残り香だけが余韻を伝う
                    
                    送り火の亡骸
                    遍在する日用品
                    明滅する父のニュアンス
                    使わない灰皿
                    
                    

        Photo by Sho ENDO        
        
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-22 01:42 | Poem


e0039923_1675939.jpg
                     雫おちて葉 躍る 
                     湿畳 鬩ぐ
                     白檀 雨土  
                     染み入る雨音
                     山紫水明
                     聞こえ見る


       Photo by TetuPapa
       
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-20 22:57 | Poem

e0039923_121383.jpg

photo by Jeff Phillips


斜めの傾斜
でこの隠れ具合
気に入らないまま始まる一日

e0039923_13468.jpg

飛び乗った電車の車両に馴染み始めたら
曇らなくなった窓に
自分と背景を自覚する





交差点の一瞬の静けさ
とどまる人と
歩き出す人
落ちてくるマフラーかき上げて
マフラーさえも言うこときかない

どこに居ても神経さかなでられる

悲しすぎるチムチムニー
ラーメンの臭いに打ち勝てない自分
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-12 01:16 | Poem

e0039923_004761.jpg

冷たい新しいCDの匂い
ペンキのはげた壁の香り
左の壁際から見る
地下鉄の遠近法どこかにありそうな写真
想像されるさえない家路
雑草のようにとめどなく湧き、生える
除草できない不安と焦り
嫌いな逆三角形のR&Bプロモよりも
愛せる、私の道
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-12 00:01 | Poem
e0039923_23464522.jpg


                       今
                      創り
                     生れてきた
                    偶々の集合体

                     降り立った
                       即興

                     一瞬一瞬の
                       把握

                   愛しいこの生成変化
                静止画が差異を限りなく埋めて

                     今動き出した
                     空気になって

                   あなたに触発されて
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-08 23:43 | Poem
e0039923_23131422.jpg




            私についた
                              色々な汚れも
           
                     洗い流せた
                       
                        と

                      思ってる

             夜の雨音            

             バスタイム
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-08 23:14 | Poem


e0039923_2323552.jpg
                             
                      夜の雨が・・・
                 
                  私を隠し、 
                         守ってくれる
                    
                    秘密基地のように
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-08 23:03 | Poem
 
e0039923_21405421.jpg

                雨上がりの夜のアスファルト
                街灯に照らされて
                鈍く光る
                しっとりとした風
                聳え立つ塔のようなビルに
                ちらっと隠れた小っちゃな月
                そこだけ染色された
                ライトの横の木の葉
                押井守のアニメのような
                何か始まる都市
                自分の影とヒールの音に怯えて
                明るいほうを目指して


photo by Seth Anderson 
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-08 21:42 | Poem
e0039923_17432042.jpg


狭間

体の一部が寒い
考え事をしている脳
動くのがダルイ
心身分裂

吸い寄せられ伸びてしまう
ケーブルとTVのリモコン
しなきゃいけない
反抗の<狭間>は
重い
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-06 17:46 | Poem
e0039923_16444437.jpg


                    おかしな二人

             一点  
                 しか     
      見えなくなって
                   ようよう      白く    なり 
           ゆく          おでこ
                              体が      乳酸で   
                飽 和 状 態


      ミミガー    のような      肩こり  
                                   抱  え  て 
         PC      の     香 、      起 動 音 、  
                     ド ラ イ ア イ
      乾燥肌に   追い討ち     プリンター の  風


                         心  
               まで     黄ばむ よ     蛍光灯
        あまりに  白 
                     すぎる  
                               A 4 紙
             
            ほっこり 
      温泉              を        夢見 て        
                                        
                      バスクリン
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-06 16:49 | Poem
e0039923_15435254.jpg


              何も音がしない音
              雪なのか
              樹林なのか


              明らかに私を見ている
              見られているのか?


              そして私は分散した
              私の肉体はそこかしこに・・・遍在して
              居る・・・というか溶けている

              けれども続きながら
              いるような
              感じがする


    Photo by kazuko   
    
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-06 15:54 | Poem
mini album 「YUKI+DEBUT」 (2005/7/20)

2004年10月、九州芸術工科大学で行った初Liveで発表した
「おかしな二人」、「悲しいハープ」
そして朗読した「何も音がしない音」の詩
を含む14曲収録。


1 何かいる
2 おかしな二人
3 Mythology
4 暗澹
5 微生物
6 家路に見たガラスの破片
7 何かくる
8 蟲の目線
9 狭間
10 本当の悲しみ
11 зона
12 朝~laymay~
13 悲しいハープ
14 何もかも知ってしまった時の曲
[PR]
# by elanvitalyuki | 2005-08-02 01:08 | Discography